治験に貢献する仕事で働く方法

それぞれの仕事で働く方法

治験の場で必要となるのは投薬を行なってくれる人や、投薬をしてからの身体への変化などを把握する人など様々です。中でも必要不可欠なのが被験者となる患者さんたちです。そして治験を円滑に進め、患者さんの人権や安全性を守るための監視役も必要です。治験に貢献したいと考えたら、被験者としてはもちろん、看護師の経験を活かせるCRAやCRCとして働く方法を知っておきましょう。

看護師によく読まれている記事

  • CRCへの転職方法
    CRCへの転職方法

    CRCに転職をする際には看護師の資格はとても役に立ちます。しかしCRCの仕事は製薬会社とのかかわりもあるため、看護師のスキルだけではなく他のスキルも求められてきます。CRCに転職する際はぜひご参考ください。

  • 調整役となるCRC(治験コーディネーター)
    調整役となるCRC(治験コーディネーター)

    治験にかかわる仕事の一つであるCRCは、看護師の資格が最も活かしやすいと言える仕事です。医療機関側の治験サポート役として活躍するCRCについて紹介しています。

  • そもそも治験とは?
    そもそも治験とは?

    治験はそもそも何を目的に行われているものなのか、そしてどのようなルールによって行われているのかなど、まずは治験の概要について知ることから始めましょう。

治験に興味がある方へ

看護師から治験にかかわる仕事へ転職した管理人が、治験全般について紹介しています。看護師の治験の仕事に対してのかかわり方や、働く方法など様々な役立つ情報を紹介しています。<お問い合わせ>